スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.08.06 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

        


中嶋悟[Bridgestone 1993 CM]



中嶋悟

昨日のリラックスした走りとは対照的な「本気」「攻める」走りの中嶋悟のドライビングです。車種がわからないんですが、やはりサーキットをヘルメット被って走るのはレーサーとしての血が騒ぐんでしょうね。レーサーとしては引退したはずですが、まるで現役時代のような「鋭い雰囲気」漂ってます。市販のVTR(NSXのサーキット走行)などではここまで攻撃的な走りの印象はなかったんですが、これは乗っていた車のせいかも知れませんね。

JUGEMテーマ:F1



        


中嶋悟[HONDA 1992 CM]



中嶋悟

シビックが大衆車、若者向けの位置づけだったのに比べ、やや高年齢層を狙った「大人の車」の雰囲気ただようアコード。シビックの国内生産終了が先ごろ発表されましたが、アコードはどうなんでしょう?北米市場では人気が高いようなので生産継続なんでしょうか。シビックとアコードは低公害エンジンCVCCを搭載した兄弟車としての印象も強かったので、将来的にもし無くなるとしたら少し寂しいですね。

JUGEMテーマ:F1



        


鈴木亜久里 [東芝 CM 1992]



鈴木亜久里

ようやくマシン+レーシングスーツ姿・・・と思ったら、サーキットでのスナップとマシン走行の映像が少しだけ、商品を紹介するのはアニメ・バージョンの亜久里。アニメにするとこんなに毒気があるんですねぇ(爆)最初に見たときはアニメのキャラクター・デザインに悪意さえ感じました(^^;)ビジネス・コンピュータだけに新聞の政治風刺漫画タッチだったのでしょうが、あまりにも「政治家のような悪相」(^^;)もう少し「魅力的なキャラ」にして欲しかったと思ってならないのでした。


JUGEMテーマ:F1CM



        


Mika Hakkinen[SHELL CM 1994]





ミカ・ハッキネン

スタジオ撮影まるわかりな色調なのですが、乗り入れるのが「マクラーレンF1」て言うのがおしゃれですね。F1マシン以上にCMにはまず出てこない車ですし(^^;)1億円でしたっけ?宝くじがあたっても(相応のドライビング能力がないと)売ってくれない史上最高に高飛車な車ですが(爆)F1ドライバーが乗りこなしてるなら無くはないシチュエーションですね。(とはいえ日本国内ではまずありえませんが)

普通では乗れない車だけに、同乗している犬がちょっと羨ましいかも・・・(^^;)

JUGEMテーマ:F1CM



        


Felipe Massa[SHELL CM]





フェリペ・マッサ

シェルお得意の「どっきりF1ドライバー接客」パターンです(^^;)それでもどうせならF1マシンに乗って現れて欲しかったりもしますね。レーシングスーツ着てるならなおさらです。もちろんF1サウンドを出して走る「フィアット500」やF1クチまね選手権も興味はありますけどね(爆)
昨年同郷のバリチェロに「とんでもない落とし物」を食らって長期戦線離脱したマッサ。今年はその影響か今ひとつのシーズンでしたが、ライコネンに引けを取らなかった実力者でもあったわけですから、来季は完全復活を期待したいところです。チームメイトが三度目のチャンピオンになってたら、ミハエルのいた時代のように、やりづらくなるところでしたが(^^;)

JUGEMテーマ:F1CM



        


Mika Hakkinen[Mercedes-Benz CM]



ミカ・ハッキネン

最近いろいろキナ臭い中国(香港?)で流されていたベンツのCM。ハッキネンが現役時代なのだとしたら、まだ中国GP開催前ですので、ハッキネンが「何をする人なのかわかってる中国人民」は少なかったのでは?・・・と思うんですが(^^;)

JUGEMテーマ:F1CM



        


Lewis Hamilton[Tag Heuer CM (with Steve McQueen)]



ルイス・ハミルトン

あの名画「栄光のル・マン」のシーンを使ったスティーブ・マックイーンとのコラボCM。合成がとても秀逸なのでまるで映画そのものです。並走して競うかのようなシーンは追加撮影だとは思いますが、全編にわたってタグ・ホイヤーらしい豪華さとステイタスのある画作りはため息が出ます。日本でもこれくらいの尺で旧作とのコラボできませんかねぇ・・・って日本ではそもそも、まともなレース映画ありましたっけ?(^^;)モータースポーツで日本が舞台になってる映画としてはシルベスター・スタローンの「ドリブン」がありますが、こちらはカテゴリーがCARTシリーズですし、もし実現してもここでは紹介できないかも・・・あ、F1出身のドライバーが写っていればOKとしますけどね(^^;)

JUGEMテーマ:F1CM



        


中嶋悟[EPSON 1992 CM]



中嶋悟

中嶋悟が引退後のオフに流れていたCM。全てをやりつくしてリラックスした表情が何ともいい感じ。中嶋の休日が感じられて、見てるこちらも何かしら癒されるCMでした。中嶋悟のEPSON最後のCMでもあったと思います。

JUGEMテーマ:F1



        


Ayrton Senna[SEGA 1992 F1 Racing-game CM]





アイルトン・セナ

2010年シーズン終了。史上最年少のワールドチャンピオン決定。セバスチャン・ベッテルの大逆転勝利に驚くとともに、やはりF1は何が起こるかわからない興奮を見せてくれます。

記憶に残るチャンピオンなら先ごろドキュメント映画も公開されたセナを外すことはできません。

動画は同じCMのショートとロング・バージョンです。この頃から任天堂やセガのゲーム機戦争が激化し、時代はロム・カートリッジからCD-ROMに移っていき、セガ・サターンはでるわ、松下電器は参戦してくるわ(3Dリアル)あのAppleのゲーム機は出るわ(ピピン@)出遅れた任天堂は次世代ゲーム機(NINTENDO64)を出してくるわ・・・で、いつの間にかSONYのプレイステーションだけが残っていたような・・・(^^;)そんな激動のテレビゲーム戦国時代の中に「セナ」の名が冠されたゲームが登場したときは心踊りましたね。
私はメガ・ドライブは買わなかったのですが(ソフトを貸し借り出来る仲間がみんなファミコンだった為)、次世代機が出た途端、我慢しきれずセガ・サターン、プレイステーションと立て続けに買い、親に怒られました(爆)

その時点で成人していたのですが、今で言う「大人買いで」持ってるすべてのゲーム機で、最初に買ったのがF1ゲームでした(^^;)・・・正直言ってレースゲーム以外やりませんでしたね(爆)そんな大人買いの衝動を掻き立ててくれたCMとして非常に記憶に残っています(^^;)

JUGEMテーマ:F1CM



        


鈴木亜久里 [LOZC 1992 F1 Racing-game CM]



鈴木亜久里

今のテレビゲームとは雲泥の差ではありますが、私のような世代には懐かしさ漂う画面です(^^;)ファミコンであとレースものといえば「マリオ・カート」くらいで、しばらくしてセガ・サターンのF1ゲーム(実況の声がフジテレビの三宅アナだった(^^;))やPSのF1ゲームが相次いで出て、グラフィックの完成度の高さに、驚かされました。

ファミコンは昔のゲームセンターのアーケード・ゲームにも似たものがあったように記憶しているため余計に郷愁をそそります(^^;)いや〜昔はよかったなぁ(爆)

JUGEMテーマ:F1CM



        



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

parts

出会い出会い掲示板出会いSNSメル友エイズ検査ご近所出会い 掲示板出会い メル友出会い無料 出会いブログパーツ








-SEO対策-
-ブログパーツ-

search this site.

ad




SEO対策 SEM UG









SEO対策:F1

SEO対策:CM

SEO対策:動画

サイト登録

このページへのリンク用HTML

PR

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM